2012年09月16日

嗚呼、素晴らしきニャン生

これは可愛い「レン君!」
真っ白な毛がとても素敵ね(キリッ
こんな星が輝く夜は
「流星!」
僕と一緒に遊びませんか
「やだ。」「えええええええ:(;゙゚'ω゚'):」


ニャン生は一度きり
楽しむが勝ちなのです
君を縛る首輪は
噛み千切ってあげましょう
「やめろ!さわるな!近寄るな!!」


野良は最高ニャンニャンニャン
魚くすねて、タピオカ飲んで
昼間は働く人間を
尻目に屋根の上で夢うつつ



これは変態96猫さん
「ハーイ」
闇の中目だけが光ってる
ずいぶん息が荒いけど
俺にそれ以上は近づくな
「てーい!」
「寄るな!」


ニャン生は一度きり
だからこそ飼われるんだ
ブランド首輪の価値が
お前には分かりゃしない


俺は優雅さニャンニャンニャン
美味しいバナナにふかふかベッド
水はちょっぴり苦手だけど
毎日シャワーだって浴びれるよ



それに比べてニャンニャンニャン
お前は誰に守ってもらうの?
明日車にひかれるかも
しれn…いいかも
「ええええええええええ」


そんなツンデレなとこも素敵です
「やだ。」
一層君を好きに…「I love you!」

ふーん、素直だね
でもそんな言い方じゃ
こころ揺らがないさ


僕の夢はニャンニャンニャン
いつかはこの街を飛び出して
はるか北の国に旅して
タピオカを死ぬほど飲むことです
「pi-(氏)ね。」
「生きるぅううううυ」


そこに君がニャンニャンニャン
居てくれたらなんて素敵でしょう
「やだ。」
だけどそれは叶わないrrrrrrrrうぇ


生き方はニャンニャンニャン
そう簡単には変えられないよ
それに俺を待っている
女の子を一人にできないよ
「誰だれ!?」
「うるさい。」


話の途中だニャンニャンニャン
なんだもう行くのか?おい、ちょっと!
明日もここに来ていいんだぞ
待ってるから
  


Posted by 稜 at 04:52Comments(0)